RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

三段山Blog

三段山クラブWebSiteと連携したBlogです。
テレマーク・バックカントリースキー・雪崩事故防止等に関して、イベントのお知らせ、簡単なツアー記録、装備の事などを書いていきます。
旭岳盤の沢雪崩の調査速報
0
    昨日実施した、旭岳盤の沢雪崩調査の速報が出ました。これから、積雪断面観察データなどを追加していく予定です。
    留意点は、融解凍結クラストの上にこしもざらめの弱層があり、そこが滑り面となって雪崩が発生していることです。
    この弱層は、広い範囲に持続的に存在している可能性があります。
    富良野スキー場周辺でも昨日、雪崩の発生が報告されています。
    ストックテストなどによるクラストの存在の確認、コンプレッションテストなどによる弱層の有無の確認をして行動されると良いと思います。
    速報にはまだ掲載されていませんが、現地でのコンプレッションテストの結果は、CTE(SP),CTM(SP)でした。叩いた回数だけに捕らわれず、SP(破断が一気に入る)という破壊の特徴に留意してください。
    皆さんの安全をお祈りしています。
    | その他 | 10:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    旭岳で雪崩発生
    0
      皆さん、すでにご存じだと思いますが、旭岳の盤の沢(裏)で雪崩が発生しました。
      スノーボーダーが1名、巻き込まれた可能性がありますが、まだ確認が取れていません。
      心当たりのある方は、ぜひ警察に情報提供してあげてください。
      この雪崩は規模が大きく、破断面は30cm〜1m以上、幅200m、長さは500mにも達してるとのことです。
      明日、入山される方も多いと思います。どうかお気を付けください。
      危険な弱層が残っている可能性があります。入念な弱層テストをお勧めします。
      | その他 | 22:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      かぐらスキー場でのコース外滑走批判について
      0
        各種報道やネット上で、新潟県湯沢町のかぐらスキー場で1月2日に発生した遭難事故について、コース外滑降したことを批判する論調がみられます。
        新潟県警の救助隊員も、救助中のビデオの中で「ダメでしょう!コース外滑走なんてしたら!」と発言してします。
        混同されている方が多いのですが、「コース外」の「バックカントリーエリア」を滑ること自体はルール違反でもマナー違反でもありません。今回の事故はバックカントリーエリアで発生しています。
        批判されるべきは「コース外」の「滑降禁止区域」を滑る行為(いわゆるロープくぐり)です。「コース外」というひとくくりで表現するのは間違いで、明確に区別するべきです。
        今回のかぐらスキー場での事故で遭難者が批判されるべきは、登山届けを出したとウソをついてバックカントリーに入ったことであり、それ以上ではありません。
        遭難に至った装備の不足、スキル不足については、詳細が判明してから別に論じるべきでしょう。
        | その他 | 20:45 | comments(3) | trackbacks(0) | - |
        ​【重要】十勝岳火口の立ち入り規制
        0
          平成26年12月14日14:00、十勝岳の噴火警戒レベルが2に引き上げられました。これに伴い、火口から1km圏内への立ち入りが規制されました。火口とは、62-2火口で、この半径1km圏内には十勝岳避難小屋から十勝岳山頂へ向かう登山道も含まれますので十分にご注意願います。
          白銀荘から三段山山頂、白銀荘から十勝岳避難小屋は規制区域に入っていませんが、火山活動には十分留意してください。
          三段山クラブホームページで紹介している前十勝ツアーのほとんどは、この規制区域に入っておりますので、同様のツアーはなさらないよう、ご注意ください。
          | その他 | 11:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          雪崩発生報告
          0
            安政火口で雪崩の発生報告がありました。
            日時:2014/11/23
            場所: ハザードマップのうち19941126-1とほぼ同箇所(滑走面の上部は北西稜の尾根上、尾根上の破断面100mくらい、デブリについては全景はみえなかったものの11941126-1で示されているほどの規模はあった)

            ハザードマップは、こちらをご覧ください。
            http://www.sandan.net/avalanche/L/avalanche-map2014-L.gif
            | その他 | 17:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            雪崩「130506」の報告
            0
              ​三段山一段目での雪崩「130506」が報告されました。
              従来、この場所での雪崩は報告されたことがありません。皆様、十分ご注意ください。

              日時:2013年5月6日 14:00頃
              場所:標高1,140m付近、白銀荘から144度、夏道ルートとクラシカルルートの分岐すぐ上のボール状斜面
              気象:1800mの雲高、無風
              状況:3名パーティでのツアー中、先行者のボードの先にクラックがはしり、足元があっという間に雪崩れた
              雪崩の規模:幅80m距離60m程度、破断面高30〜40cm
              | その他 | 12:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
              富良野岳北尾根で雪崩事故
              0
                22日から十勝連峰の富良野岳に入山し、行方が分からなくなっていた札幌の男性が、23日朝、雪崩に巻き込まれ、倒れているのが見つかり、病院で死亡が確認されました。

                22日、スノーボードをするため、上富良野町の富良野岳に日帰りの予定で入山した札幌市東区の会社員(42)が、夜になっても帰宅しないため、家族が警察に通報しました。
                23日、捜索に向かった友人2人が午前5時20分ごろ、車がみつかった地点から1キロほど先の沢で男性を見つけましたが、男性は足にスノーボードの板を装着したまま20センチほど雪に埋もれた状態だったということで、なだれに巻き込まれたとみられています。
                午前7時前に、道警のヘリコプターが男性を救出し、病院に運びました。


                今回発生した雪崩の位置
                富良野岳北尾根 通称「北尾根TGR」

                続きを読む >>
                | その他 | 13:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                富良野岳北尾根で雪崩 一名が意識不明の重体
                0
                  [報道内容]
                  28日午前6時40分ごろ、北海道上富良野町の大雪山系で、スキーをしていた外国人の男性がけがをして下山できなくなったと、消防に通報がありました。
                  男性は、北海道の東川町で外国語指導助手を務める43歳のアメリカ人で、午前10時すぎに警察のヘリコプターに救助され、病院に運ばれましたが、警察によりますと、意識不明の重体だということです
                  この男性と一緒にいた31歳の南アフリカの男性は「雪崩に巻き込まれた」と話しているということです。
                  28日の北海道は朝から気温が上がっていて、気象台では、雪崩に十分注意するよう呼びかけています。

                  [捕捉]
                  富良野岳北尾根で雪崩が発生したようです。
                  発生位置は北尾根の三峰山沢側、北尾根TGRよりも標高の高い位置のようです。
                  現場付近の積雪は不安定で、さらに本日の十勝山系は風が強そうです。入山される皆様は、どうかご注意下さい。
                  | その他 | 08:28 | comments(15) | trackbacks(0) | - |
                  上ホロカメットク山で雪崩事故発生
                  0
                    3月13日 午前10時半ごろ、上ホロカメットク山の北西稜を登攀していた2名が、三段ルンゼ標高1700m付近で雪崩に遭遇しました。
                    2名とも流され1名が左足首を骨折し、病院に搬送されました。雪崩の規模は幅10メートル、長さ約100メートル。現場付近では15日にも自然発生の雪崩が観測されており、積雪の不安定な状態が続いているようです。入山者はご注意下さい。

                    | その他 | 14:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                    道々吹上温泉線が通行止めになりました
                    0
                       吹雪のため、道々吹上温泉線(上富良野町の中茶屋ゲート〜十勝岳温泉まで)が本日(3月10日)午前9:00より通行止めとなりました。
                      十勝山系へ向かう予定だった方、もしくは宿泊施設から下山予定だった方、ご注意ください。
                      | その他 | 09:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - |