RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

三段山Blog

三段山クラブWebSiteと連携したBlogです。
テレマーク・バックカントリースキー・雪崩事故防止等に関して、イベントのお知らせ、簡単なツアー記録、装備の事などを書いていきます。
雪崩ビーコン ARVA NEO レビュー
0
    ARVA NEO 発売時期は10月中旬頃の予定。販売価格は38.850円(税込み)
    輸入元の(株)ソネから評価機をお借りし、2013年3月から6月まで性能評価を行った。ツアーでは8回使用。
    (○良い点、△留意点、×注意点)

    本体デザイン
    ○シンプルなデザイン。梨地のテクスチャーや落ち着いた配色により高級感がある(写真1)。造りがしっかりしていて、非常に堅牢な印象。
    写真1 ビーコン外観

    続きを読む >>
    | 装備 | 17:45 | comments(1) | trackbacks(0) | - |
    2013ASSH雪崩事故防止セミナーにて、ビーコンの誤発信について注意喚起
    0
      どうもおかしい。ビーコンの反応が定まらず、位置を特定したと思ってプローブを刺しても手応えが無い。
      「ビーコンの反応が四つある!誰か誤発信していませんか?」捜索チームのリーダーが叫んだ。

      それは、ビーコンを装着した雪崩埋没者3名を15分以内にレスキューするCRT(コンパニオンレスキュートレーニング)を開始して8分が経過した時のこと。この時点で捜索チーム内でのビーコンの誤発信が判明したが、限られた時間の中で8分の混乱は致命的だった。
      良く統率が取れていた5名の捜索チームだったが、3名の埋没者のうち1名を時間までに発見することができず、CRTは失敗に終わった。
      CRT
      続きを読む >>
      | 装備 | 22:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      雪崩ビーコン新製品 ORTOVOX ZOOM
      0
         ORTOVOXから、新しいビーコンZOOMが登場、札幌の秀岳荘(北大前)で販売していました。
        店頭価格が¥26,460(定価¥29,400)と低価格な割に3本アンテナ(スマート)、捜索幅40mなどしっかりした基本性能を持っています。ただし複数埋没に対しては、複数埋没を知らせるインジケータのみで、マークしたりシグナルカットをする機能はありません。
        店頭で少し使用した感じでは、反応が良く、指示も見やすく、使いやすいと感じました。
        これから低価格なビーコンを購入しようと思っている方は、多少安くても一本アンテナで受信距離が短いPIEPS FreeRideよりも、こちらを検討されてはいかがでしょうか。
        Zoom
        | 装備 | 18:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        iPhoneをGPSとして使う-BCでの頼もしい助っ人-
        0

          BCでGPSといえば、永らくGarminのハンディGPSと相場が決まっていましたが、アプリ「FieldAccess」の登場によってその状況が大きく変わる可能性があります。
          GPS画面1
          FieldAccessは「国土地理院の地形図をiPhoneで見るためのアプリです。電子国土をキャッシュすればオフラインでも地図がみれる他、GPSによる現在地表示、GPSログの記録、GPXトラックの表示、などができます。 詳しくは以下のURLを参照。現在のAppStoreでの価格は350円です。

          実際に、iPhoneをGPSとして厳冬期の山岳で使えるか三段山で試してみました。
          続きを読む >>
          | 装備 | 20:06 | comments(8) | trackbacks(0) | - |
          注意!テレマークビンディング G3 ENZO(エンツォ)のトラブルについて
          0
             12月23日に三段山クラブが前十勝ツアーを行った際に、テレマークビンディングG3 ENZOにトラブルが生じました。
            ビンディングトラブル発生
            トラブル発生時の様子

            状況によっては深刻な事態になることが予想されるために、注意喚起します。



            続きを読む >>
            | 装備 | 22:47 | comments(3) | trackbacks(0) | - |
            ショベル(K2 Rescue Shovel)購入
            0
               K2シャベル
              雪崩レスキューの際には、ショベルはとても重要な装備になります。
              2006年に買ったG3アブィテック【Dグリップ】 ショベルが痛んできたので、K2 Rescue Shovelを購入しました(ストラップは、私が後で取り付けたものです)。購入にあたっての注意点は、以下の5点です。
              1. ブレードが金属製であること(耐久性から。樹脂製は使い物にならない)
              2. シャフトの断面が円以外であること(ノッチの位置合わせが楽で組み立てやすい)
              3. ブレードが方形に近いこと(コンプレッションテストがしやすい)
              4. ブレードにカラビナ等を通す穴が空いていること
              5. シャフトが十分に伸びること
              6. ブレードが十分な大きさをもっていること(作業効率に直結する。ただし携帯性とトレードオフになる)
              店頭で各メーカーのものを見て、K2 Rescue Shovelが上記の条件を満たし、さらに一番コンプレッションテストをやりやすい形状のブレードだと思いました。ちなみに購入価格は5,670円。

              K2シャベルG2と比較
              G3との比較
              シャフトの断面形状が円形ではないので、ノッチの位置合わせが容易です。また、ブレードにシャフトを差し込む際にノッチを押す必要が無いなど、組み立ての容易さは、K2の方が格段に上です。
              ブレードの四隅に穴が開けてあるので、ストラップの取り付け、レスキューソリの製作が代容易になります(G3のブレード上部の穴は、私がドリルで開けたもの)。

              K2シャベル変形
              鍬のような形にしても使用可能
              私はあまり必要性を感じませんが、雪洞掘りの際には便利かもしれません。

              K2ショベルを背負ったところこのようにストラップを取り付けて背負うと、とても作業性が向上します。皆さんもぜひ。














              | 装備 | 16:14 | comments(3) | trackbacks(0) | - |
              雪崩エアバッグを買うぞ!
              0
                BCA Float32
                大西が10年前に購入し愛用していた、ABS雪崩エアバッグは、代理店が無くなり窒素ガスカートリッジも入手できなくない状態が続いていました。
                しかし、昨シーズンからキャラバンが代理店になってBCAの雪崩エアバッグが入手できるようになりました。海外では普及してきている雪崩エアバッグも、何故か日本では注目されず、入手できない暗黒時代が続いていたので、これは画期的なことだと思います。
                つい先日、三段山クラブ員が2012モデルを購入しましたが、どうせなら私は2013モデルを買っていろいろ比較してみたいと思い、旭川秀岳荘を通じて発注しました。
                入荷は12月中旬過ぎになりそうです。届いたらレポートしたいと思います。

                 http://www.caravan-web.com/float/index.html
                | 装備 | 17:50 | comments(17) | trackbacks(0) | - |