RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

三段山Blog

三段山クラブWebSiteと連携したBlogです。
テレマーク・バックカントリースキー・雪崩事故防止等に関して、イベントのお知らせ、簡単なツアー記録、装備の事などを書いていきます。
<< 「北海道の山スキー」DVD白銀荘で発売中! | main | 「icon」 of what they are 〜"今"を代表する滑り手達の原点〜 >>
iPhoneをGPSとして使う-BCでの頼もしい助っ人-
0

    BCでGPSといえば、永らくGarminのハンディGPSと相場が決まっていましたが、アプリ「FieldAccess」の登場によってその状況が大きく変わる可能性があります。
    GPS画面1
    FieldAccessは「国土地理院の地形図をiPhoneで見るためのアプリです。電子国土をキャッシュすればオフラインでも地図がみれる他、GPSによる現在地表示、GPSログの記録、GPXトラックの表示、などができます。 詳しくは以下のURLを参照。現在のAppStoreでの価格は350円です。

    実際に、iPhoneをGPSとして厳冬期の山岳で使えるか三段山で試してみました。

    利点:
    ・現状のハンディGPSより画面が広く高精細。
    ・地形図ソフトの価格が安い
     Garmin用日本詳細地図の価格は、¥16,800〜
    ・PCとのデータのやりとりが簡単
    欠点(iPhoneのハードに関することになります):
    ・バッテリーの持ちが不安
    ・防水性が無い
    ・画面にタッチするかタッチペンで操作する必要がある

    上記の欠点に対処するために、以下の2点を用意して山スキーツアーに用いてみました。
    1.iPhoneの防水ケース「LifeProof fre iPhone 5 Case」
    冬期にバッテリーの消費を抑える最も有効な手段は、iPhoneを身につけて体温で暖めることですが、そうすると体からの水蒸気でiPhoneが濡れてしまいます。
    濡れを防ぐために、防水、防雪、防塵、耐衝撃性を備えながらコンパクトで軽量な「LifeProof fre iPhone 5 Case」を使用しました。
    防水ケース
    「LifeProof fre iPhone 5 Case」

    2.スマートフォン対応手袋
    タッチ操作を行うために厳冬下でグローブを脱ぐのは御法度。適当なスマートフォン対応手袋をインナーグローブとして使用しました。

    実際の使用レポート(2012年12月29日):
    ・三段山は、圏外(AU)になる場所もあるので、事前に地形図をキャッシュしておきました。
    ・バッテリーの消耗を防ぐためにWi-Fi/BluetoothをOFFにしました。
    ・緊急連絡は何時でも受信したいために、モバイルデータ通信はONのままとしました。電話の発着信も可能な状態としました。
    ・保温のために、R1(パタゴニア)の胸ポケットに入れて携帯しました。
    ・比較のために、GarminDakota20も同時に使用してみました。
    出発時、すぐに位置を同定してくれました。Garminと比較して精度に遜色はありません(比較トラックログを参照)。マップ画面はiPhoneの方が遙かに見やすく、スクロール、拡大・縮小作業もやりやすいです。操作の反応もiPhoneが遙かに快適でした。
    garmin
    GARMIN DAKOTA20
    iPhoneGPS
    iPhone5
    地形図の表示については圧倒的にiPhone5の勝ちといえる
    精度比較400pixl
    三段山樹林帯でのGPSの精度比較 ズレは最大10m程度で問題無いと思われる。

    心配されたバッテリーの持ちは、気温-15度の環境下で、
    白銀荘出発9:37 97%(バッテリー残量)
    三段山山頂12:15 73%
    白銀荘到着14:43 57%
    となり、日帰りツアーなら予備バッテリーを用いなくても十分持ちそうでした。

    問題点:
    ・インナーグローブを用いても、操作の間はかなり指が冷えます。タッチペンを用いたほうが良いかもしれません。
    ・トラックログが途中で2回ほど途切れる現象があった(写真参照)。
     FieldAccessのWebページでもiOS6でそのような現象があると記載されており、早急な改善が求められます。

    トラックログの途切れ
    トラックログの途切れ
    山頂手前でトラックログが途切れてトラックが直線になっている

    結論:
    トラックログの途切れと指先の冷え以外は、非常に良好に使用できました。ハンディGPSを上回る使用感は感動的ですらありますが、信頼性とバッテリーの持ちに関してはまだ未知数な点があります。私は、しばらくハンディGPSと併用してみますが、問題が無ければiPhoneに一本化するかもしれません。
    バッテリーの持ちと防水問題への対処として、バッテリー付き防水ケースを使用できると理想的ですが、まだiPhone5にはそのようなケースが存在しません。iPhone4,4Sには以下のようなケースが存在するので、中古のiPhone4(一万円くらい)とこちらのケースを組み合わせると、ハンディGPSよりもかなりコストパフォーマンスが良いものになりそうです。
    mophie juice pack PRO® outdoor edition - iPhone 4 & 4S Battery Case

    iPhoneと「FieldAccess」の組み合わせは、現在位置を圏外でも簡単に(山岳で使い物になる)地形図上で知ることができるという点で、道迷い遭難対策の装備として申し分ないものであるといえます。
    現状でも、iPhoneユーザーでBCに入る者全てに「FieldAccess」をお勧めします。ハンディGPSをすでに持っている者も、バックアップとしてこのアプリを入れておくのは悪くないでしょう。しばらくすると、主従が逆転しているかもしれません・・

    捕捉:
    ・Twitterにて、Androidの「地図ロイド」でも似たような事ができるという指摘をいただきました。鈴木さんに感謝します。
    ・ホームは羊蹄さんから、タッチペンでも拡大縮小ができるという指摘をいただいたので、本文の記述を一部修正しました。ありがとうございます。
    | 装備 | 20:06 | comments(8) | trackbacks(0) | - |
    右下の[-]ボタンを使うとタッチペン(スタイラス)でも使えますよ。
    私も全面的に乗り換えるか検討中です。
    | ホームは羊蹄 | 2013/01/01 9:28 PM |

    ホームは羊蹄さん、ご指摘ありがとうございます。-を長押しするとスライドバーが現れるなんて、なんて素晴らしいUIでしょうか。アプリの作者を尊敬します。
    というわけで、タッチペンで指先の冷え問題は解決しそうです。
    あとは、モバイルバッテリーの検討かな・・記事にも書いた、バッテリー付き防水ケースがあれば、全ての問題は解決かもしれません。
    | 大西 | 2013/01/01 9:42 PM |

    よさそうですねー、iphoneとFieldAccess。
    まだまだスマホは様子見かと思っていましたが(古いヤツですので・・)、これで決まりかもしれません。

    ところでスレッド違いで申し訳ありませんが、チャリネタを一つ。
    北海道の空知振興局が管内の自転車ツーリング、とりわけアジア系の観光客などをターゲットに強化するとかいう話題を読みました。(12/31 道新空知版)
    ただ、具体的なラインなどの例をみると、以前に旦那様が問題視していた滝川ー妹背牛間などは入っていず、そこより南、岩見沢方面などが中心のようで、少しガッカリでしたね。
    では、今年も活躍してください。
    | adachi | 2013/01/02 8:37 AM |

    すごい大雪で、今まで除雪づくし!
    さて、adachiさんへ、
    これで決まりかもしれません・・黎明期からGarminのGPSを使ってきたものとしては、嬉しい反面寂しさも感じています。
    携帯電話でなく、単なるハンディGPSとしてみても、記事中に書いた中古iPhone4(携帯電話契約をしない)とバッテリー付き防水ケースを組み合わせたら、価格でも機能面でも数段優れたものになる可能性があります。

    チャリネタ、昨年は、アジアの自転車ツアーを見かけることがありました。日本人よりも北海道でのサイクリングを楽しんでいる感じで、複雑な心境でしたねーいずれにせよ、環境が整備されるのは嬉しいことです。滝川〜妹背牛、旭川〜上川、なんとか完成させてほしいなぁ。
    | 大西 | 2013/01/03 12:16 PM |

     大西さん

     ずっと以前(もう十年近く前だったと思います)一度だけ掲示板に投稿させていただいいたヤマアラシと申します。
     私今まではスキーツアーの時は従来タイプの携帯(スマホではないタイプ)+ハンディGPSを持って入山しておりましたが、大西さんのレポート「iPhoneをGPSとして使う」を拝見してなかなか良さそうですので 私も試しに中古iPhone4を入手してGPSとして使用してみようかと考えております。
     そこでお訪ねしたいのですが 大西さんの記述で「中古iPhone(携帯電話契約をしない)」とありますが 携帯電契約をしなくても国土電子はダウンロードして使えるのでしょうか?
     当方スマホを使ったことがなく、この点がちょっと不安ですので ご教示いただけますと幸いです。どうぞよろしくお願いします 
    | ヤマアラシ | 2013/01/23 12:43 PM |

    ヤマアラシさんの家庭にインターネットが通じていて、Wi-Fi環境が構築されていれば使えますよ。
    その場合は、Wi-Fi環境下で地図データをキャッシュしておいてください。
    | 大西 | 2013/01/23 6:54 PM |

    こんばんは 早速のご回答ありがとうございます。
     なるほどそうなんですね Wi-Fi環境にあれば可能なんですね。 とりあえず中古のiPhone4を探してみることにします
     ご親切に教えてくださいましたことに感謝致します
    | ヤマアラシ | 2013/01/23 9:47 PM |

     大西さんへ
     こんばんは 早速のご回答ありがとうございます。
     なるほどそうなんですね Wi-FI環境なら可能なんですね。。。とりあえずiPhone4の中古を探してみることにします
     ご親切に教えていただきましたことに感謝します 
    | ヤマアラシ | 2013/01/23 10:02 PM |










    http://blog.sandan.net/trackback/17