RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

三段山Blog

三段山クラブWebSiteと連携したBlogです。
テレマーク・バックカントリースキー・雪崩事故防止等に関して、イベントのお知らせ、簡単なツアー記録、装備の事などを書いていきます。
<< 南極越冬隊 x FULLMARKS x patagonia スペシャル スライド&トークショー | main | 三段山スキーツアー(快適ザラメ) 6月1日(土) >>
三段山スキーツアー(山頂焼肉ザラメスキー) 5月26日(日)
0

    天候:快晴

    気温:15〜20度

    風速:0〜5m/s

    雪量:十分だが、山頂までスキーで到達できるのは今回まで

    雪質:深めのザラメ(湿雪雪崩あり)

    コース:白銀荘〜三段山〜白銀荘

    メンバー:大西(CL)、T田さん(SL)、Mさん 計3名


    今回は文句なしの快晴。望岳台〜吹上温泉線も開通し、旭川からずいぶん来やすくなった。

    ただ、快晴すぎて辛かった。風も無く暑さで体力が奪われる。日焼け止め、シールワックスは必須。

    雪は先週と比較して劇的に減少した。今回は山頂までギリギリ雪が繋がっていたが、来週末には溶けてしまうだろう。

    それでも、昨年と比較すると1ヶ月くらい遅くまで雪が残っている状況だ。


    当初は山頂手前から滑降しようと思っていたが、せっかくだからと上がってみた山頂からの眺望は素晴らしく、十勝山系はもちろん、大雪もよく見えた。

    今回のツアーの目的は当然のことながら焼肉である。どこで実施するか少々悩み、テーブルを作れるくらいの雪があったこと、風が穏やかだったことから山頂で行うこととした。二年ぶりの山頂焼肉、よほど条件が整わないと叶わない最高の贅沢だ。


    T田さんからは立派なキトピロ、Mさんからは高級ソーセージ、大西は自家製アスパラを提供して贅沢な焼肉を楽しむことができた。

    滑降ルートは、当初東谷へ真っ直ぐ降りる予定だったが、山頂から観察するとフリコ沢へ滑り込むルートがギリギリ行けそうな気がしたので、賭に出てみた。賭は当たり、なんとかフリコ沢〜北壁〜東谷〜二段目上を滑る事ができた。しかし、このルートが滑降可能なのも今回が最後だろう。

    山頂直下のザラメは水を含んで深く、滑降と同時に点発生の湿雪表層雪崩が発生した。雪崩のスピードが遅く危険性を感じなかったので、試しに流れている雪崩の上を横切るように何度か滑ってみたが、転ぶことなく滑降可能だった。

    東谷あたりから、時々ブレーキのかかる雪質になったが、概ね快適に滑降完了。

    素晴らしいザラメの春山を楽しむことができた。

    Mさん


    T田さん

     

    | ツアー記録 | 19:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://blog.sandan.net/trackback/45