RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

三段山Blog

三段山クラブWebSiteと連携したBlogです。
テレマーク・バックカントリースキー・雪崩事故防止等に関して、イベントのお知らせ、簡単なツアー記録、装備の事などを書いていきます。
<< 「THAT FIRST GLIDE」SURF FILM 上映会のお知らせ | main | 前十勝スキーツアー(来シーズンまでさようなら) 7月7日(日) >>
双子とアウトドア:旭岳登山 6月16日(日)
0

    双子:(9歳0ヶ月 小学3年生) 

    天候:晴れ時々曇り

    気温:14〜16度

    風速:0〜5m/s

    雪量:姿見駅付近は豊富だが、6合目から上の登山道にはほとんど無い

    雪質:ザラメ

    コース:姿見駅10:00〜夫婦池〜旭岳避難小屋10:30〜12:39旭岳12:50〜14:40旭岳避難小屋〜15:00姿見駅

    メンバー:大西家 計4名


    今日は双子の誕生日。一生の思い出になることはないかと考えて、登山を行うこととした。

    登山先として、当初は丁度山開きの富良野岳を考えていたが、登山時間と積雪の多さを考慮して旭岳とした。

    旭岳の積雪状況は、ライブカメラで確認して大丈夫と判断した。


    旭岳ロープウェイ姿見駅を出発


    子供達の登山装備は、前日に秀岳荘旭川店と東川モンベルで揃えた。1番大きな支出になったのはモンベルのKid's登山靴(8,800円)。旭岳は礫が多いので秀岳荘でスパッツも購入した。

    服装は、山用の下着とシャツ、速乾性のパンツ。防寒装備としてフリースを持っていくか悩んだが、天候からジャージと雨具のみとした。

    子連れ登山対策として、子供達が飽きないように(旭岳は単調な山なので)、雪渓尻滑り用ビニール袋、雪渓アイスキット(シェラカップ・スプーン・練乳)、休憩の度に子供達が驚くように、いろんな菓子や凍らせたゼリー等を持った。

    また、飲料水を多目に携帯した(各自500mlと大西が予備飲料水として1L)。長男は今回だけで約1Lの水を飲んでいる。嫁さんには、サプライズとして登頂用缶ビールをプレゼントすることにした(自分はノンアルコールビール)。


    姿見駅周辺は雪が多い


    夫婦池を経由して山頂へ


    ゆっくりしたペースを心がけ、休憩は30分間隔とした。長男は楽しみながらスイスイ登っていたが、次男が登っている途中で飽きてしまった。なだめたりすかしたり怒ったり・・1番効果があったのは本人が興味を持っていることについて会話しながら歩くことだった。

    途中、ガスでほとんど視界が無くなったりしたが、子供達は「雲に触れた!」と喜んでいた。

    地獄谷を指さして「パパは、山頂からここを滑ってきたことがあるんだよー」と自慢。長男は尊敬し、次男は呆れていた。


    8合目付近


    9合目付近 ガスの向こうに金庫岩が見えた


    山頂


    結局、姿見駅から2時間40分かかって登頂(夫婦池経由)。

    残念ながら雲が多く景色は今ひとつだったが、子供達にとっては一生の思い出となる誕生日になったと思う。

    下りでは何度かスリップして転倒し、ハラハラしたが無事に下山。途中の雪渓では尻滑りも楽しめた。

    下山に要した時間は2時間10分。


    雪渓を豪快に尻滑り中


    姿見駅はもうすぐ


    山麓駅売店にて

    ぱっちまんが巻いてくれたソフトクリームを食べる


    旭岳ロープウェイ駅では、三段山クラブのぱっちまん、田中パパ、かずさん達と合流。盛り上がった。

    この日の晩は、バースデーケーキを囲んでの誕生会。

    私達夫婦にとっても忘れられない一日になるだろう。子供達、9歳の誕生日おめでとう!


    | ツアー記録 | 20:01 | comments(4) | trackbacks(0) | - |
    おはようございます、お台場なにわや@有楽町線です。
    最近、地下鉄線内はwimaxが開通してヒジョーに快適ですなー。

    双子ちゃんの誕生日おめでとうございます。やっぱりおんなじ顔になるんですね。メガネがいるようになるのも同じなんだー!

    うちのガキンチョ共も北アルプスや大雪山にさんざん連れ回して、小学低学年はムササビ小僧と言われたこともありましたが、今は家にこもってパソコンざんまい(仕事もパソコン)の休日です。
    あまり飛ばしすぎるのもまずいかもしれませんねー。
    快楽のまま山を記憶させるのはむつかしいです。
    | お台場なにわや | 2013/06/18 10:17 PM |

    なにわやさん、ありがとうございます。
    誕生日登山を優先して、しつこくスキー派をお休みしてしまいました。
    こういうのは、案配が難しいのかなー
    山の魅力をチラ見せ程度にしておくのがコツかも。
    | 大西 | 2013/06/18 10:38 PM |

    お久しぶりの双子ちゃんですねー♪
    ウチの子の旭初登頂も、やはり2・3年生の頃でした。
    ずいぶんと連れ回したのに、大きくなると山から距離を置くのもなにわやさんチと同様・・・(~~)
    とか言いつつ、30と26の「子」を今年こそトムラに連れて行く算段中でして、さてどうなることか・・・
    | adachi | 2013/06/19 4:30 PM |

    今までは単身赴任ということもあって、あまり双子とアウトドアしていませんでした・・やっとことさ、登山再開です。
    adachiさんのお子さんの旭岳初登頂も2〜3年生ですか。
    我が家は長男が肥満気味なので少し心配でしたが、何度か4キロほどジョギングをさせてみて実施可能と判断しました。逆にスリムな次男の方が飽きてしまって・・難しいところです。
    そちらのトムラ、果て遠き山・・楽しみですね。
    | 大西 | 2013/06/21 9:13 AM |










    http://blog.sandan.net/trackback/49