RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

三段山Blog

三段山クラブWebSiteと連携したBlogです。
テレマーク・バックカントリースキー・雪崩事故防止等に関して、イベントのお知らせ、簡単なツアー記録、装備の事などを書いていきます。
<< 第23回雪崩事故防止セミナー開催のご案内 | main | 『Crossing the Ditch』2011年 BMFFノミネート作品上映会のお知らせ >>
北海道山岳レスキュー研究会 第41回例会開催のご案内
0
    【日時】 2013年12月12日(木) 18:30〜20:50 
    【会場】 かでる2・7 1070研修室(10階)  (札幌市中央区北2条西7丁目 北海道立道民活動センター) 
    【演題と講演者】 
    ■  「羊蹄山雪崩事故の対応について」 
    ●講演者 粟野真充氏 (旭川市消防本部 消防吏員)
    ■ 「現場の心得」 
    ●講演者 及川 欧氏 (旭川医科大学病院・雪崩事故防止研究会) 
    【参加費】 会場使用料・講師交通費及び謝礼として1人1000円〜1,500円程度を集めます。(金額は参加者数によって決定しますのでご理解願います。) 
    【申し込み先】 田原功一 rescue-tiger@i.softbank.jp 
    【問い合わせ先】阿部幹雄 mabe@seagreen.ocn.ne.jp 
     ※例会終了後懇親会(「サンコック」緑苑ビル地下、会費3500円)を予定しています。 こちらにもぜひご参加下さい。講師も参加します。 

    今回は2013年2月に羊蹄山で発生した雪崩により外国人2名が負傷し、道警ヘリで搬送された事案を取り上げたいと思います。この事案では、偶然にも休暇で同様にバックカントリーを楽しんでいた旭川の消防職員が、雪崩で負傷した2名を発見し、通報及びコンパニオンレスキューを他の登山者と協力し実施しております。その時の活動状況、反省点や考察など実際に経験した事を中心にお話していただけると思います。 
    もう一つは、旭川医大において救急医療でご活躍されている及川欧医師に「現場の心得」というタイトルでお話しいただきます。病院内の救急医療だけでなく、阪神大震災のボランティア及び東日本大震災での医療専門メンバーとして、最近では東川消防団員としてもご活躍されている同氏から、山岳救急医療も含め事故、医療、レスキューにおいて必要な知識、行動、心構えなど幅広くお話ししていただく予定です。 
    2013〜2014雪山シーズンを目前に、意義のある講演になると考えております。皆様お誘いあわせの上ご参加いただければと思います。 
    当研究会はボランティアによって運営されており、例会には山岳遭難、救助に関心のある方なら、どなたでも参加が可能です。この案内の転載・転送を歓迎します。
    北海道山岳レスキュー研究会 副代表 阿部幹雄 
    | イベント | 18:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://blog.sandan.net/trackback/61