RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

三段山Blog

三段山クラブWebSiteと連携したBlogです。
テレマーク・バックカントリースキー・雪崩事故防止等に関して、イベントのお知らせ、簡単なツアー記録、装備の事などを書いていきます。
<< 北海道山岳レスキュー研究会第46回例会のご案内 | main | ​東川アウトドアフェスティバル >>
第22回講演会「雪崩から身を守るために」のご案内
0
    第22回講演会「雪崩から身を守るために」
    (主催:北海道大学山スキー部・北海道大学山とスキーの会・雪崩事故防止研究会・(公社)日本雪氷学会北海道支部) 
    開催日時:2014年11月8日(土)10:00〜18:00(入場無料)
    場 所:北海道大学クラーク会館 講堂 (札幌市北区北8条西7丁目)
    内 容:
    ・ (公社)日本雪氷学会北海道支部「雪氷災害調査チーム」調査報告 「雪崩事故事例調査報告(2007年〜2013年)」 
      大西 人史(三段山クラブ代表・雪崩事故防止研究会副代表・雪氷災害調査チーム)
    ・「北海道防災航空隊〜山岳地におけるエアーレスキュー」 小林 靖明(北海道防災航空隊隊長)

    ・エアーレスキューデモンストレーション・ヘリコプター展示 北海道防災航空隊
     会場:北海道大学陸上競技場(悪天&出動事案がある場合は中止)※ゴーグルをご持参ください※

    ・ (公社)日本雪氷学会北海道支部「雪氷災害調査チーム」調査報告
     「2014年1月にニセコアンヌプリで発生した雪崩の調査報告」
      原田 裕介( 寒地土木研究所・雪崩事故防止研究会・雪氷災害調査チーム) 
     「ニセコアンヌプリで発生した雪崩事故の背景とレスキューの状況」
      大西 人史(三段山クラブ代表・雪崩事故防止研究会副代表・雪氷災害調査チーム)
    ・「雪崩の発生メカニズム」 尾関 俊浩(北海道教育大学札幌校・雪崩事故防止研究会・雪氷災害調査チーム)
    ・「降雪結晶の形状が引き起こす表層雪崩」 中村 一樹(防災科研・雪氷災害調査チーム)
    ・「雪崩から身を守れなかった時に〜山岳救急医療の基本〜」 
      及川 欧(国立極地研究所・雪崩事故防止研究会・雪氷災害調査チーム)
    | イベント | 11:52 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
    雪崩(雪庇)関連で一つ恥ずかしい報告を。
    今年2014年の4月だと記憶しますが、その前月に大砲岩付近で発生した事故のトレーシング目的で旧噴からNポイントを目指しました。
    天気は穏やかでしたが、北西ルンゼを過ぎた辺りから次第に濃くなるガスに巻かれ、Nポイントを目指して登高するものの、確とした現在地が得られません。
    そのうちに斜度40度近い現場で雪庇状の下に行き当たり、そこをかわそうと雪庇に沿って登高を続けました。(汗・・・)
    同行者のGPSは捕捉不十分でしたが高度計の数字は1700を越え、さすがにこれは不味いと、ソロソロと撤退しました。
    同行者はGWの時期に再訪して(北西ルンゼ)稜線からNポイントの画像を送ってくれました。
    それは、Nポイントを含むコル全体が巨大で長大な雪庇となっている画像でした。
    昔、正月にNポイントを通過しただけの記憶で、Nポイントには雪庇は無いと思い込んでの冷や汗行動だったわけです。
    ま、こんな抜け作も居るということです、はい。
    | adachi | 2014/09/30 6:43 PM |

    adachi様
    大西です。私もNポイントを含むコル全体が巨大で長大な雪庇になりうるという認識は無かったですね。勉強になります。
    ご無事で何よりでした。
    | 大西 | 2014/09/30 8:46 PM |










    http://blog.sandan.net/trackback/76