RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

三段山Blog

三段山クラブWebSiteと連携したBlogです。
テレマーク・バックカントリースキー・雪崩事故防止等に関して、イベントのお知らせ、簡単なツアー記録、装備の事などを書いていきます。
バーデン前駐車場での車上狙いについて
0
    残念なお知らせです。

    2月24日に、バーデン前駐車場にて車上狙いが発生しました。
    午後3時半までに判明した被害は2台、ドライバーのようなもので鍵穴を破壊して開錠するという荒っぽい手口です。

    富良野署には届け出済みですが、以前にもバーデン前で車上狙いが発生しており(サイドガラスが割られました)、今後も繰り返される可能性があります。

    皆様におかれましては十分ご注意下さい。
    (カミフ会)
    | その他 | 22:38 | comments(6) | trackbacks(0) | - |
    羊蹄山で雪崩事故
    0
      2013年2月6日 午後0時40分ごろ、羊蹄山 真狩ルートの1,040m付近 通称「テラスの沢」付近で雪崩が発生しました。 事故を目撃された方から情報を頂いたので掲載します。

      雪崩の規模:幅20m,長さ200-300m(道新報道だと、幅100m,長さ400m)
      事故の状況:
      山頂から滑降していたオーストラリア人スノーボーダー7名パーティのうち2名が遭遇し(道新報道だと1名が遭遇)、1名が両足骨折。
      道警ヘリが出動、負傷者はピックアップされた。
      現場付近でのハンドテストの結果、50cm下でひじで破断。

      札幌周辺で2月4日に雲粒無しの降雪結晶が降っており、7日の時点でも破断しやすい状況が続いていました。
      現在、道央は吹雪いています。三連休に入山される方は、十分注意してください。

      情報を提供してくれた方に感謝します。(大西)

      雪崩現場の写真
      | その他 | 02:19 | comments(6) | trackbacks(0) | - |
      バーデン前駐車場のマナーについて
      0
        上富良野山岳エリアで、バーデンかみふらの前駐車場を利用してスキー・スノーボードを楽しまれている皆様へ

        Notice: Backcountry Ski/Snowboarders

         

        『路上への駐車は御遠慮下さい』

        Please do not park on road sides.

         『スキー、スノーボード等での車道横断・滑走は禁止です』

        Please do not ski/snowboard while on public roads.  (This includes traversing roads.)

        続きを読む >>
        | その他 | 08:30 | comments(1) | trackbacks(0) | - |
        注意!十勝山系で雪崩発生の危険性
        0
           現在入山中のQali 山本さんからの注意喚起です。
          「三段山2段目、12月16日に雪崩死亡事故が起きた場所から北よりの斜面が雪崩れている。破断面の厚さは50cm以上あるようだ。
          他の斜面も積雪が不安定な可能性があるので十分警戒してほしい。特に西寄りの風が強いので雪が吹き溜まる東斜面に注意すること。」
          前十勝、三峰山、三段山、富良野岳等、十勝山系に入山している方は十分注意して下さい。また入山している方の知り合いは、無事の確認を心がけた方が良いでしょう。
          | その他 | 10:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          勘弁してほしい
          0
             この場合の山スキーの定義を知りたい。滑降禁止区域を滑ることと山スキー(バックカントリースキー)を一緒くたにされたくないというのが本音だ。
            ゲレンデ周辺での滑降禁止区域とバックカントリーエリアの境界が曖昧なのも問題の一つなのだろうが、とりあえず酷い偏向報道だ。
            1/21放映のフジTVとくダネ!の「無謀な山スキー」

            part1
            | その他 | 20:19 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
            三段山での遭難時の白銀荘の対応について
            0

              三段山は登山口に白銀荘があることから、なんとなく安心感を持ってしまい、遭難してもすぐにそこからスノーモビル等での救助が行われると思っている方がいるかもしれません。

              実際には、そんなことはありません。白銀荘は保養センターであり、スキー場のパトロールのような機能は持っていません。

              具体的には、

              ・白銀荘にはスノーモビルがありますが、性能的に深雪に対応できないので厳冬期には出動できません。

              ・従業員は救助の訓練を受けていません。

              ・従業員は冬山登山装備を持っていません。

              ・従業員には捜索に当たる人数的な余裕はありません。

              ・救助ボートは他機関が白銀荘に置いているもので、緊急時には貸すことができるだけです。

              つまり、白銀荘が遭難者からの救助要請を受けても、基本的には警察等へ連絡を繋ぐことと、救助用ボートを貸すことしかできません。


              三段山で遭難者が行動不能になり、警察か消防に要請したヘリが悪天候等で飛来できない際(条件が良ければ防災ヘリ、道警ヘリ共に丘珠空港から1時間程度で飛来してきます)には、なんとか自力で搬出・下山するか地上からの救助隊の到着を待つしかありません。

              救急車は、早ければ約1時間で白銀荘まで来ることができますが、そこから上に救急隊員が行くことはできません。

              地上からの救助隊は招集をかけてからの出動になるので、早くても白銀荘まで1〜2時間+遭難現場到着までの時間がかかると思って下さい。救助要請時間によっては救助が翌日になることも覚悟する必要があります。

              したがって、三段山に入山する登山者は、以下の点を留意したほうが良いでしょう。

              ・スキーソリに乗せたりやツエルトにくるんで搬出する技術と装備を持つ。

              ・できればスキーソリやレスキューソリを使って自力搬出できるだけのパーティ人数で入山する。

              ・地上からの救助隊が到着するまで、もしくはヘリが飛来するまで待機できるだけの装備(ツェルトやビバーク装備等)を持つ。


              三段山は、登り返しが無いので比較的搬出がやりやすい山です。

              三峰山や富良野岳ではそれが格段に難しくなることにも留意してください。


              白銀荘の搬出用ソリ 大きくてかなり重量があります

              | その他 | 14:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
              「北海道の山スキー」DVD白銀荘で発売中!
              0
                 北海道山岳連盟編 山スキーパウダー入門「北海道の山スキー」DVD、白銀荘でただいま好評販売中!
                大西も買いました。プロの撮影・編集による山スキーのノウハウと50年前の山スキービデオ(貴重)が収録されています。価格2,500円
                北海道の山スキーDVD
                白銀荘のカウンターにて
                | その他 | 21:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                表層雪崩道内多発も-登山者、スキーヤー注意-
                0

                  低気圧が頻繁に直撃している今冬の北海道では、積雪の中で「降雪結晶」という粘着性の低い雪の層(弱層)ができやすく、表層雪崩発生の危険性が高いと、日本雪氷学会北海道支部「雪氷災害調査チーム」が21日、発表した。(北海道新聞 2012年12月22日)

                  これは、先の三段山雪崩の調査結果と気象状況を分析し、注意を呼びかけるものです。

                  今日から始まる三連休に、冬山に入る方も多いと思いますが、全道的に表層雪崩が起きやすい状況になっている可能性に留意し、十分注意して行動してください。

                   道新記事12月22日
                  | その他 | 09:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                  2012年12月16日に三段山で発生した雪崩の調査
                  0
                    日本雪氷学会北海道支部雪氷災害調査チームのホームページに、
                    2012年12月16日に三段山で発生した雪崩の調査速報が公開されました。
                    事例・報告/2012/12-16三段山をご覧ください。

                    掲載内容は、随時更新される予定です。

                    雪崩の発生場所は、三段山の通称”二段目”北西斜面。スキーツアーのノーマルルートとして、もっともよく利用されているルート上にあります。
                    弱層の”降雪結晶”は、安定にまだ時間がかかる可能性があります。今週末の三連休に付近の山域に入山される方は、十分ご注意ください。
                    三段山雪崩全景
                    二段目下から見上げた雪崩全景

                    三段山雪崩拡大
                    破断面〜走路 右下にデブリの一部が見える

                    続きを読む >>
                    | その他 | 12:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                    三段山で雪崩(速報)
                    0
                       16日午前10時10分頃、北海道上富良野町吹上の三段山(1748メートル)で雪崩が発生して、1人が巻き込まれたと119番通報があった。
                      捜索していた地元消防が、雪崩に巻き込まれた1人を救出し病院に搬送したが、意識がない状態という。道警富良野署などによると、雪崩に巻き込まれたのは、冬山登山をしていた7人のグループの1人で、グループとは連絡がとれている。
                      2012年12月16日13時25分  読売新聞)

                      残念なことに、今日10時頃、三段山で雪崩事故が発生しました。
                      三段山の夏道、標高1310m付近の急斜面とのことなので、二段目付近だと思われます。
                      大西は、明日、日本雪氷学会北海道支部雪氷災害調査チームとして現地調査に入る予定です。

                      十勝山系の広い範囲で雪崩リスクの高い状況になっている可能性があります。
                      三段山はもちろん、富良野岳、十勝岳、三峰山方面に入山している方の関係者は、無事に下山しているか確認されることをお勧めします。
                      また、これから入山される方も十分ご注意下さい。

                      以下に、こちらのコメントに寄せられた情報を転載します。
                      遭難者が無事回復されることを祈っています。

                      from: だんご   2012/12/16 2:05 PM
                      さきほど、仲間から連絡入りました、三段の2段目で雪崩、一人旭川日赤に搬送されたとの事、既に連絡入ってたらすいません、念のため
                      from: yoneda   2012/12/16 3:52 PM
                      三段山で雪崩発生 場所はN43.25.30 E142.39.13付近です。幅70m厚さ60〜80 20m位流されたそうです。
                      | その他 | 16:07 | comments(8) | trackbacks(0) | - |